モビットカードローンの審査

あまり知られていないことですが、モビットカードローンの審査は、三井住友銀行のカードローン審査と全く同じ部署が担当しています。

 

【モビットの親会社って?】

実は、モビットの親会社には、みなさんもおなじみのメガバンク「三井住友銀行」が存在しており、カードローンの保証業務は子会社であるモビットが審査・補償などを一括して担当しているのです。このため、モビット審査は銀行カードローンと同じ、高い安全性とクオリティを誇っています。

 

【可決されやすい銀行カードローン・三井住友銀行】

モビットの審査を採用している三井住友銀行のカードローンは、他の銀行カードローンに比べて「審査が緩やか」という評判を得ています。銀行カードローンに興味をお持ちの方は、まずは三井住友銀行で申し込みをしてみましょう。

 

三井住友銀行の場合、万が一審査に通らなかった場合でも子会社である、モビットの審査にそのまま引き継いで申し込めるので安心です。審査が不安だという方は、三井住友銀行内に設置されたローン契約機やモビットの電話サービス(無料)で相談してみましょう。銀行・消費者金融のどちらにも詳しい、専門のスタッフが対応してくれるので、カードローンの利用が初めての方でも分かりやすい説明が受けられます。

 

【借入診断で審査のシミュレーションが受けられる】

ローン審査を受ける前に、モビット公式サイトにある「お借入診断」や「返済シミュレーション」のページをチェックしてみてください。ここでは、個人情報や信用情報機関のデータに影響しない範囲で、借入ができるかどうかの簡易審査が受けられます。また、シミュレーションツールを使えば、無理のない返済計画が立てられるので、ローン初心者の方でも安心です。

 

【業界最速のカードローン・モビット】

カードローン業界では「いかに早く融資できるか」がサービスの大きな目安となっていますが、モビットほど早いカードローン商品は他にありません。モビットのカードローンで扱う「Web完結」と呼ばれる商品は、インターネットから申し込みをしてその場で即、融資が受けられる目玉商品です。

 

ただし、Web完結を受けるには以下の項目をクリアする必要があります。

 

○ 保険証の種別が国民健康保険以外の方
○ 三井住友銀行もしくは、三菱東京UFJ銀行に口座をお持ちの方

 

この両方をクリアしなければ、Web完結を利用することはできません。反対に、これらの簡単な条件さえクリアしておけば、いつでも審査を待つこと無く、モビットカードローンが即日利用できるのです。

 

もちろん、これらの条件が満たされない場合でも心配は無用です。モビットの一般的な申し込み方法でも最短30分とWeb完結と、それほど審査の内容や可決時間に大きな違いはありません。

 

【職場に電話が掛かって来ないので安心】

敢えて違いを挙げるとすれば、Web完結の場合は電話による在籍確認が行われないという点です。職場に電話が掛かってくることを避けたい方は「モビット・Web完結サービス」からカードローンに申し込むようにしましょう。

 

職場への電話といっても、モビットであることやカードローンを利用していることは、一切第三者にばれないように工夫されています。友人や家族、知り合いを装って電話が掛かって来るだけなので、何も不安に思うことはありません。

 

モビットなら自営・お勤めに関係なく、誰でも(スピード審査で)その日の内に借入を完結させることが可能です。

モビットカードローンの簡単な説明

モビットカードローンの簡単な説明をしたいと思います。モビットカードローンは、2000年の9月にプロミスと信販会社のアプラスによって共同設立されたカードローン会社です。

 

【二行により合弁出資されていたモビット】

その後2004年には、三井住友銀行が同社の株式(持分法適用関連会社)を取得しました。この結果、三菱UFJフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループがモビットを合弁出資する形を保っていましたが、2013年には(以下の通り)モビットの業務は分割されました。

 

<モビット業務の細分化>

○ 個人向けの融資 → SMBC・三井住友フィナンシャルグループが担当
○ 地方銀行向けの保証業務 → MUFG・三菱UFJフィナンシャルグループが担当

 

【三井住友銀行の完全子会社となったモビット】

その後、2014年には三菱UFJフィナンシャルグループとアコムが保証業務を請け負うことになり、モビットは三菱UFJフィナンシャルグループから株式を三井住友フィナンシャルグループへと完全譲渡、現在の「モビット」は三井住友フィナンシャルグループの完全子会社という形で営業を再スタートさせました。

 

このように、モビットの歴史は三井住友銀行と三菱東京UFJ銀行、その他アコムやプロミス等さまざまな金融機関が複雑に入り組んで出来上がったカードローン会社です。

 

こうした流れもあり、今でもモビットで利用できる提携銀行は三井住友、三菱東京UFJ銀行の二行で連携されています。ただ、公式サイトの表記は2013年度から変更され「三井住友銀行グループのカードローン」として紹介されています。

 

【モビットの兄弟ブランド・プロミス】

モビットの親会社である「三井住友銀行グループ」のサイトを覗いてみると、子会社である「SMBCコンシューマーファイナンス」のページには、モビットと並んでプロミスのブランドロゴが目に入ります。実は、SMBCのカードローンはモビットだけでなく、モビットの兄弟ブランドとして(私たちも良く知っている)プロミスというカードローンが存在しているのです。

 

【モビットとプロミスの違いは?】

モビットとプロミス、どちらも低金利で安心の「銀行系カードローン」として人気の商品です。それぞれの違いについて簡単に説明すると、以下のようになります。

 

<モビットの特徴>

自動審査、電話なしで受けられる「Web完結」などお急ぎの方に便利なカードローン商品が特徴。カードローンの種類は、モビットカードのみに限定している。審査は緩やかで、自営者やフリーターにも借りやすくなっている。

 

<プロミスの特徴>

カードローンの種類が細分化されている。女性向けのサービス、お客様サービスプラザなど「銀行カードローンに近い」商品が売りになっている。モビットより若干、審査のハードルは高めとも言われている。

 

このように、同じ会社が運営しているカードローンでも、それぞれの特徴は大きく異なります。みなさんが借りたいカードローンはどちらでしょうか? 

 

モビットとプロミス、それぞれの特徴をみて自分にふさわしいカードローンを選択してみてください。もちろん、直接モビットのコールセンターに相談しても良い回答が得られるはずです。まずは、無料のコールセンター、もしくは最寄りの契約店舗に相談をしてみてください。